施設の概要(認定こども園)

施設の名称:空のはねこども園はたのだい

 

所在地:品川区旗の台2丁目6番7号

 

電話番号:03-6426-2040

 

構造等:鉄骨造 3階建

 

駐車場:なし

 

駐輪場:5台程度の一時駐輪が可能です(留め置くことはできません)

 

定員:保育園 59名(0歳9名、1歳10名、2歳10名、3歳10名、4歳10名、5歳10名)
   幼稚園 3名  (3歳1名、4歳1名、5歳1名)

 

事業開始日:2019年4月1日

 

保育時間: 7:30~18:30(短時間認定の方は、このうち8時間以内)

 

延長保育: 18:30~(最大)19:30(月曜日~土曜日)

 

レッスン:英語、ダンス、コーディネーション運動等を実施しています

 

休日:日曜、祝日、年末年始(12/29-1/3)、海の日

 

給食:自園調理(栄養士が献立を作成し調理します。)

 

【運営の方針】

①挑戦する気持ちや冒険心を大切にする環境設定。
 当園は、良質な水準かつ適切な内容の教育・保育の提供を行うことにより、
 全ての利用児童が健やかに成長するために、挑戦する気持ちや冒険心を大切にする環境を確保する。

②園職員と保護者が互いに理解し合い、こどもの成長を共に喜びあう関係づくり。
 当園は、園職員と利用児童及びその家庭、地域の子育て家庭との結び付きを重視した運営行事を行うとともに、
 園職員と保護者が互いに理解し合い、こどもの成長を共に喜びあう関係づくりを目指します。
 また、利用児童や地域の子育て家庭のこどもの成長を支援するために必要な関係機関との連携に努める。

③学級編成による教育活動と、縦割りユニットによる生活体験により、個人差を尊重し合う心や社会性を育てるよう努めます。
 当園は、学級による幼児教育の時間と、縦割りユニットによる保育の時間を日々組合せることで、
 幅広い人間関係を体験できる環境づくりに努め、個人差を尊重し合う心や社会性を育てるよう目指します。
 園職員は、児童の意思及び人格を尊重した教育・保育を行う。

 

園見学について:入園を検討されている方は、園見学もできますので、お気軽にお問い合わせください。
ご予約・お問合せは、お電話にてお受付しております。(☎03-6426-2040)

 

2020年10月 2日 (金)

2021年度入園説明会資料配布のお知らせ

~2021年度 空のはねこども園はたのだい 入園説明会資料配布のお知らせ~

 

ご利用希望者の方向けの入園説明会資料配布のお知らせです。

新型コロナウイルス感染防止の観点から、今年度は入園説明会は開催せず、

入園を希望されるご家庭を対象に、入園書類をお渡しいたします。

 

2021_20201002114001

 

---------------------------------------------------

●資料配布期間:2020年10月1日(木)~10月30日(金)※土日祝を除く
●受付時間帯:10時から17時

 

●申込方法:予約制。
       下記の電話番号にて事前にご連絡をお願いいたします。
   
●アクセス:公共交通機関でお越しください。
     自転車でのご来園はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
---------------------------------------------------

 

 

ご予約・ご質問がございましたら、下記連絡先へご一報ください。

 

空のはねこども園旗の台:03-6426-2040
担当:鍵山(かぎやま)・蒲地(かまち)

2019年11月12日 (火)

空のはねこども園はたのだい 1号認定(3歳児)募集のお知らせ

2019年度 空のはねこども園はたのだい
入園児募集要項(幼稚園部門)

 

空のはねこども園はたのだいでは、
1号認定・3歳児の募集をしております。

 

 

★ご入園をご希望の方はこちらをご覧ください★

 

 

 

ご質問等ございましたら、下記ご連絡先までお問い合わせください。

 

 

【空のはねこども園はたのだい】

 

☎ 03-6426-2040 (担当:鍵山、蒲地)

 

2019年10月24日 (木)

2020年度入園説明会開催のお知らせ

~2020年度 空のはねこども園はたのだい 入園説明会開催のお知らせ~

 

ご利用希望者の方向けの入園説明会開催のお知らせです。

 

日時:2019年11月6日(水) 10:30~11:10

 

場所:空のはねこども園はたのだい 3F保育室

 

参加:予約制です。下記の電話番号にてご予約を承ります。
   スペースの関係がございますので、保護者の方のみのご参加でお願い致します。

 

人数:先着30名様

 

アクセス:公共交通機関でお越しください。
     自転車でのご来園はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

 

ご予約・ご質問がございましたら、下記連絡先へご一報ください。

 

空のはねこども園旗の台:03-64262040
担当:鍵山(かぎやま)・蒲地(かまち)

2019年4月16日 (火)

開園のご案内

2019年4月1日、品川区旗の台2丁目6-7にて

【空のはねこども園はたのだい】が開園いたしました。

みなさまのご理解、ご支援のもと開園いたしましたこと、感謝いたします。

開園に伴い、問い合わせ先の変更がございます。

ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

【空のはねこども園はたのだい】

◇こども園についてのお問い合わせ先◇

施設長:鍵山(かぎやま)

☎03-6426-2040

✉soranohane-h@nifty.com

 

◇運営についてのお問い合わせ先◇

担当:古岸(こぎし)

☎03-6417-9735

✉uminokuni-kids@nifty.com

 

 

2018年1月 7日 (日)

これまでに寄せられた質問など

これまでに寄せられた質問など

Q:お散歩のカートの置き場はありますか?(私道に出しませんか?)
A:保育園の散歩や避難に使うカートについては、敷地内に配置します。道路に留め置いたりしないようにスタッフへ周知・徹底していきます。

Q:自転車置き場は足りますか?
自転車での通園については、送迎時に、一時駐輪スペースを用意しています。当初5台ほど予定しておりましたが、ご近隣さんとの意見交換の中でご指摘がありましたので、そのご意見にお応えして、10台程度に増やしております。ただし、これは、送迎時に一時的に留め置くためのスペースですので、一部のスタッフおよび保育園専用自転車を除き、保護者が自転車を置いたままにする事はないように徹底したいとおもってます。

Q:保育園ができることで、一般の通行者が通行しずらくなることはありませんか?
A:保育園の目の前の道路は私道ですので、お車での通園は一切禁止しております。また、通園経路に関して、園児の交通事故予防のため、この私道は極力利用せず、緑道公園側(旗の台駅前駐輪場の中)を通行して、保育園に通園するように保護者へ協力してもらいます。今回はとても閑静な住宅街の中に保育園を建設することができました。ご近隣にはここを住みかとして生活されているご家庭も沢山ございますため、保護者の方が保育園の前で長時間おしゃべりをしてご近隣の方の通行を妨害したり、大きな声でお子さんを叱るなどして、騒がしくすることのないように保護者の皆様と徹底していきたいとおもいます。この閑静な住宅街のゆったりとした空気をそのまま保育に生かしたいとおもっています。情緒の安定した環境を保育者と保護者と地域の皆様と同じ思いで、醸成していきたいと思います。

施設内のランチルームにつきましては、夕方は開放し、保護者の方同士がお話したりするスペースにし、道路でたむろしたりすることのないように運営したいと考えております。

Q:こども園と保育園とは何が違うのでしょうか?
A:今回のこども園は保育所型のこども園を計画しておりますため、保育園の機能と原則として同じです。ただ、幼稚園の機能も併せ持つため、定員の一部において、就労要件でないお子さんが利用可能な枠がございます。保育・教育のカリキュラムについては、幼稚園・保育園の両方のプログラムを実施いたします。

Q:延長保育(19:30まで)の運営状況は?(夜遅くまで騒がしいのか?)
A:原則として7:30~18:30の基本時間で教育・保育の日課を行います。このため、延長保育時間は、保護者がお迎えに来るまでの間、本日の日課で疲れたこどもたちの心身を癒すようにし、くつろいで過ごすことを主眼におく保育時間です。夕飯をたべたり、時には夕方の昼寝をしたり、本を読んだり、パズルで遊んだり、体の疲れを鑑みて静かに過ごします。

Q:日曜日の利用が可能とあるようですが、具体的には?
A:日曜日祝日を利用されたい場合は別途、申請の上で利用が可能です。日曜祝日は、就労要件のお子さんのみを対象にした保育のプログラムを実施いたします。(幼稚園のお子さんは、ご利用できません)。品川区内に在住のお子さんで、保護者の就労のため、やむを得ず保育所を利用されたいというご家庭のための時間です。予約するご利用者がいない場合は、実施しません。予約に応じて実施するため、予約者がいなくなったら休日保育事業自体実施いたしません。※初年度は実施いたしません。

Q:どうして今回の場所で保育園を運営しようと思ったのですか?
A:品川区の長期的な保育計画のなかで保育所の数は増えていく傾向にはありましたが、荏原地域では保育所がなかなか増えない状況であったのも事実でした。何とか荏原地域のお子さんたちの住環境の近くに保育所ができればと、当社でも願っておりました。今回の場所はコンペで当社が選定されたというご縁の場所です。
当社といたしましては、近くには先陣として認証保育所もあり、地域の中でもこどもたちが過ごす生活環境としては恵まれておると判断いたしました。

昨今、商店街の中や、線路のガード下、量販店ビルの中などの、比較的騒がしい場所に保育所があったり、交通量の多い国道に面して保育所があったりし交通事故につながってしまっているケースがあります。が、本来、保育所は、その施設の中で子どもたちが生活する拠点であり、居心地よく生活できる環境の中に立地するべきと考えております。その環境の中で、こどもたちの情緒が安定し、心健やかに育つのです。昨今のように、目の前でトラックやパトカーが終始往来していたり、電車が頭上を走り抜けたり、常に販売店のセールス音楽がBGMされている場所ではなくて、人が住み、生活をする居心地のいい場所に施設を作るべきと考えております。「ここには保育所がある」ということをみんなわかっている。それこそが地域の中にあるということだと思います。
 今回の場所は、近くに、住環境、緑道、学校などがある立地です。ただ、線路が近いので、多少の喧騒はありそうでますが、こどもたちが保育所の中で、安定した情緒を形成し、心のそこからくつろいで過ごすにはとても良い場所と考えております。

逆に、私ども(施設に往来するこどもたちの騒音)により近隣の住環境に影響を及ぼさないように十分に配慮しなくてはなりません。このために、まず、保育園は防音性の高い建築材料で建築される計画になっております。窓ガラス部分も2重サッシにするなど防音性の高い構造になっており、建築段階から遮音性を高めるように工夫されております。保育所の子どもたちの出入りなどについては、たくさんの子どもたちが一斉に動いて騒がしくすることのないように、グループを細かく分けて子どもたちと行動するように徹底します。建築上の工夫に加え、運営上においてもご近隣の皆様の前に子どもたちが出入りする際には、精一杯の配慮ある行動をしていきたいと思っております。当施設で生活するこどもたちと職員とが十分な配慮をし、旗の台2丁目が住みよい街となるように、誠心誠意・精一杯努力をしていきたいと思っています。

Q:地域活動への協力について(町内会への参加や協力について)

運営開始に合わせて、2丁目の町会には参加させていただきます。また、町会において、防災対策へさらなる取組みを実施する予定があると伺っておりますので、地域の防災力向上のために、積極的に協力させていただきたいと思います。また、非常時は、施設としてできる限りのことを地域のみなさまへ協力したいと考えております。例えば、保育所として、水及び、非常時食(乾パン等)を備蓄をしておりますので、非常時でご協力できることは、実施いたしたいと考えております。その他、町内活動についても、イベント等があれば告知へ協力したり、実際の町会のイベントにも積極的に参加させていただきたい、イベントが盛り上がるように協力させていただきたいと考えております。